未来からのメッセージを受け取る方法

 
著者
価格(税別)
100円
商品概要

~まずは読んでほしい、そんな一冊です‼~



●本書の内容
悩んだとき、壁にぶち当たったとき、あなたは何を考えますか?
そして、どう乗り越えますか?
どんな人でも苦しい時、上手くいかない時はあるものだと思いますが、そんな時、きっと本書の内容を思い出すことになると思います。
いろいろな苦労を積み重ね、また、色々な人の相談に乗ってきた著者だからこその内容となっております。
まずは、読んでみてほしい、そんな一冊です。


 


●はじめに
今日はこの本「未来からのメッセージを受け取る方法」を手に取っていただきありがとうございます。
さて、なぜあなたはこの本を手に取ったのか、その理由を知っていますか?
たまたま見つけたから、知り合いに紹介してもらったから、きっと、いろんなきっかけがあるとは思いますが、それが、未来からのメッセージだとしたらどうしますか?

はじめまして、心理カウンセラーの今泉智樹と申します。
いきなり何?と思われたかもしれませんが、未来からのメッセージと言われてあなたはどんなことを思い浮かべますか?

なんか・・・ちょっとスピリチュアル的な・・・

そう思う方も多いと思いますが、それが何かを書くのは後にして、もし、今、あなたに何かしら未来からのメッセージが届いたとしたら、どうなりそうですか?

そのメッセージの送り主は、あなたの子孫かもしれないし、ひょっとするとあなたを守ってくれている神様的な存在からかもしれないし、あるいは、2~3年後の自分、20~30年後の自分からかもしれない。

ふとした瞬間、それが起こるのです。
そして、あなたはその後、ずっとそのメッセージを受け取り続けます。

さあ、そんな自分をイメージしてみて下さい。
その後のあなたは、どうなりそうですか?
今(何もメッセージを受け取らない状態)よりも、良い方向に進みそうな気がしませんか?
そんなイメージができる人にこの本を読んでいただきたい。

僕は、これまでの人生の中で、何度も未来が見えれば・・・そう思ったことがありました。
何かの判断をせまられた時、どうしようか悩んだ時・・・、でも、未来は見えなかった・・・

と思っていたのです。

でも、実は、それは、見えていないのでも、メッセージが届いていないのでもなかったのです。
本当は、ちゃんとそれは僕の手元に届いていて、ただ、それを僕が気づかなかっただけなのです。
では、どうすれば、その未来からのメッセージをきちんと受け取ることが出来るのでしょうか?
そんなお話を書いていきたいと思います。


 


●目次
はじめに
・未来からのメッセージってどんな形で届くのだろうか?
・未来からのメッセージとは…
・人は何のために生まれてきたのか?
・僕らは元々神様だった。
・神様にもできない事があった。
・人生には二つの選択肢が準備されている
・あなたはどっちの道を選択しますか?
・人間はみんな二つの共通した目的を持って生まれてくる。
・時間は過去から未来へと流れていくものではない
・この思うようにいかない人生、誰が作っているのだろう?
・風の谷のナウシカが僕の前に・・・
・これって神との対話なのだろうか?
・成功するためにはがんばらなければならない。
・がんばりたい自分
・大きな望みを叶えるためにやるべきこととは?
・あなたが幸せになる為にやることはたった一つしかありません。
おわりに 人が悩む原因はたった一つ


 


●編集スタッフからのコメント
★★★★★時折読み返したくなる一冊です。
「本当の自分」って考え方ことなかったけれど、本書を読んでいるうちにそんな「本当の自分」に気づかされた感じがします。
悩んだ時、何か心がもやっとした時、そんな時にまた読みたくなる勝って損はない一冊だと思います。


 


●著者/今泉智樹
18年間勤務した銀行を退職後、カウンセラーとして活動を開始。
心理学を学んで10数年、千名以上の悩みに寄り添う中で、心理カウンセリングの必要性を実感。
現在は、ヒプノセラピ-を専門に、特に「自分に自信がない」というクライアントの自信を取り戻すカウンセリングには定評がある。
カウンセリングは病んだ人が受けるものという誤解を解き、自分のメンテナンスのためにカウンセリングを受けるそんな日本を作ることが現在の目標。


 



 


紙書籍も販売中(画像クリックでアマゾンの販売ページへ)


 


歴史好きも、そうでない方にも! ●本書の内容
本書籍は、それぞれの戦国武将について
・どんな人生を歩んできたかについて
・その人生から学べる事、現代に活かせること

【著者動画あり】 どんなに本を読んでも、セミナーにいっても、人生が変わらない! 
その理由はイヤになるほどシンプルで、 

「時間がない」 
からだった! 
<...

PageTop